薬事法とは

シャンプー、ハミガキ粉、シェービングローション、乳液などの容器をひっくり返して見てみてみるとその中に、「医薬品」もしくは「医薬部外品」と四角い囲い付きで表示されているものはないでしょうか。
もしあった場合、それは薬事法で効能・効果が認められているものになります。
このように、頻繁に私達が口にする薬や肌に直接つける化粧品などは、「薬事法」という厳しい法律によって、原料から製造方法、ラベルに表示しなければならない内容、広告の表現まで細かく規制されています。
「薬事法」という法律は、戦後まもない昭和23年に公布されて以来、何度か改正され、現在の形がなったのが昭和35年です。
その目的は、「この法律は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療用具の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、医療上特にその必要性が高い医薬品及び医療用具の研究開発の促進のために必要な措置を講ずることにより、保健衛生の向上を図ることを目的とする。」
つまり、主に「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」、「医療器具」の4種について、安全性と体への有効性を確保するための法律ということになります。

医薬品とは

医薬品とは、文字通り、病院で医師が処方してくれる薬や薬局・薬店で市販されている風邪薬や頭痛薬などのことをいいます。
配合されている有効成分の効果が認められており、病気の治療や予防に使われる薬を指します。
テレビCMなどでよく「用法・用量を守ってお使いください」と言っているように、体に作用する有効成分が入っているので、使う場合には使用方法を守るのが鉄則です。

医薬部外品とは

医薬部外品とは、医薬品ではないが医薬品に準ずるもので、つまり効果・効能が認められた成分は配合されていますが、それは積極的に病気やケガなどを治すものではなく、予防に重点を置かれたものといえ、対象となる物もはっきりと定められています。
また、効果そのものも誰にでも必ず認められるというものではなく、効果が期待できるという範囲です。
この作用の違いが、医薬品との大きな違いでしょう。
ただ、微妙なポジションにあるという感覚は否めません。ラベルなどにしても、医薬品は「効能・効果」が明確に表示されているのに対し、医薬部外品の多くは単に「医薬部外品」とあるだけで、配合された何の成分にどんな効果が期待できると認められているのかは不明なのです。
でも、「表示指定成分」として、アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分名だけは表示が義務づけられていて、これだけでも安心材料であるといえます。

化粧品とは

2001年4月に大きく規制緩和されたのが化粧品です。
その主旨は、これまで個々の商品で必要だった厚生労働大臣の承認・許可を廃止し、各メーカーがその責任において自由に化粧品を作って良いかわりに、使用した成分はすべて表示すること、というものです。
これにより、ユーザーはメーカーが開発した新しい化粧品を従来より早く手にすることができるようになったと同時に、使われている成分をすべて知ることができるようになりました。
もちろん、各メーカーの責任で自由に作って良いといっても、どんな成分を配合しても良いわけではなく、配合可能成分が指定されていたり、配合禁止成分などがあり、安全性は十分に重視されています。

医療用具とは

医療用具には、実にさまざまな物が含まれています。例えばガーゼや脱脂綿といった小さな物から松葉杖や車イスといったものも医療用具となります。
また、磁気ネックレスや電気マッサージ器なども、体への作用を効果として訴える以上、医療用具といえるでしょう。